精神力が求められる

数ある仕事の中で、どの仕事においても適性の中に「精神力」が上げられることは多いものです。しかし、医療現場での仕事は殊更それが強く求められます。
看護師も含め、医療現場での仕事は緊張の連続です。患者さんの容態が安定している時ですら、予断を許さない状況であることに違いは無いのです。
また、何ということもない小さな怪我やちょっとした不調から、命に関わる重大な出来事が発生することも少なくありません。
看護師は患者さんの状態に常に気を配り、小さな変化や兆候を見逃してはいけません。そのため、処置の間も看護の間も、患者さんが眠っている間も油断なく勤めなければならないのです。
このように、看護師の仕事は勤務時間中に気を抜くことのできない、常に緊張感が付いて回る厳しい職場なのです。
人間、緊張した時間がずっと続くと、精神的に参ってしまいます。しかし、看護師はそれに耐え得る強い精神力が必要になるのです。
また、時には大量の血を見たり、患者さんの死に直面することもあります。辛く悲しい場面に遭遇しても、看護師は業務を滞らせることはできません。そうなってしまうと他の患者さんの命にも関わってきます。
悲しみや苦しみに左右されることなく、緊張感を持って仕事に望む。生半可な精神力で勤まるものではありません。
また、全ての患者さんやご家族の方に満足してもらえる看護を行うのが理想ですが、残念ながら看護師も万能ではありません。
時にはそうした不満を募らせ、看護師に対して苦情を言う人もいます。それが看護業務改善のために役立つ苦情であれば甘んじて受け入れるべきではありますが、中には身勝手な注文を看護師に要求してくる人も少なくありません。
こうしたことに流されてしまうのではなく、改善すべき点は改善し、毅然とした態度で患者さんやご家族の方に注意する強さも、看護師には求められます。
しばしば、看護師の仕事の辛さの中に人間関係を挙げる人もいます。看護師同士の人間関係ももちろんですが、仕事の中で同僚や医師から厳しいことを言われてしまうことも少なくありません。
そうした言葉にも心を折ってしまうことなく、患者さんの看護を使命として遂行する。そんなタフな精神力を持っていなければなりません。
看護師になる前からそれを鍛えるのは難しいことかもしれませんが、それなりの覚悟を持って現場での仕事に挑めば、経験を積むごとに精神的な強さも身に付いていくことでしょう。

Theme by RoseCityGardens.com