病院の組織

病院の組織編成はその規模によっても違いますが、基本的には次の4つから成り立っています。診療部門(医局)、看護部門、医療技術部門、事務部門です。その他に情報管理や地域医療連携など細かく分かれていますが、独立した部門としてあるか他の部門が兼任していることが多いです。大きな病院、総合病院や大学病院などになるとより詳細に部門が分かれている傾向があります。まず絶対に必要なのは管理者です。公立の病院では病院開発者が病院の経営に責任を持ち病院長が医療の面での責任者となります。患者への責任を持つのも後者です。私立の病院だとこれは病院開発者が経営の責任も医療の責任も負うことになります。医局は各診療所の医師が集まったものをいいます。医療を施すには医師の判断や伝達がなければ始まりません。ですので司令塔的な役割とも言えます。最近ではチーム医療をスローガンにやっているところも増えているので、医師の判断や指示がより重要なものになってきました。看護部門は文字通り看護師の集まりのことです。医師の指示に従い補佐して患者と一番近い距離で接する存在です。医療技術部門とは薬剤課、検査科、放射線科、栄養科、リハビリテーション科などを言います。これも医師の処方箋や指示で患者にベストな医療やものを与えます。そして事務部門は人事課、経理課、庶務課などに分かれており、人、物、金、そして情報を扱います。ここがしっかりしていなければ病院の経営は機能しません。適切な医療を施すためにもいの一番にしっかりしていなければならない場所なのです。このように様々な部門同士が支えあって病院をつくっています。医療の現場というのは、それぞれの役割の人たちが活躍することによって成り立っているのです。

Theme by RoseCityGardens.com