介護施設での看護

介護の仕事に看護師が不可欠であるという事実を、あなたはご存知でしょうか。例えば、老人介護施設にも看護師は必要です。
介護施設での看護師の仕事において、病院勤務との最大の違いは医師がいないということではないでしょうか。そのため、施設の利用者が病気になった場合、治療や看護をしたり、入所者の健康管理や衛生管理も全て看護師の仕事になります。同じ看護師でも、ところ変われば仕事の内容はがらりと変わってしまいますね。
また、施設が施設ですので、医療系の仕事というよりは介護の仕事の方が主業務になります。
せっかく看護師の資格を取ったのに、医療の仕事が中心ではないのは不思議な話かもしれませんが、少ないとはいえ全く無いわけではないので、やはり看護師の資格を取るための勉強はおおいに役に立ちますし、医療現場での勤務の経験は必ず役に立つでしょう。
介護施設での看護師の仕事においても、重要なのはコミュニケーション能力です。施設で働いているのは、資格を持った介護師や理学療法士といった、看護師と並んで施設には不可欠な人材です。
こうした人たちと連携して入所者をケアするためには、病院勤務とは異なった相手とのコミュニケーションが求められるのです。
実は最近、病院の勤務よりも介護施設で働くことを望む看護師が多くなってきています。というのも、基本的には夜勤が無いところが多いため、プライベートも充実させたいと考えている人や、家庭を持っている人にとって比較的働きやすい職場となっているからです。実際、介護施設で働いている看護師に会ってみると、育児中だったりすることが多いです。
介護施設と一口に言っても、施設の性質上、職場は3通りあり、それぞれによって状況も変わってきます。介護施設で働くことを考えているのであれば、どの施設が自分にとって良い職場なのかを知っておく必要があります。
一つ確実に言えるのは、介護老人保健施設や特別養護老人ホーム、有料老人ホームのどの職場でも、接するのは基本的高齢者になります。バイタルチェックといった、病院でも経験する仕事もあるので、病棟勤務での経験がとても生きてくると思います。投薬や薬の管理なども、入院病棟での仕事と大差ありません。
今後は、地域を問わず高齢者がどんどん多くなっていきます。そのため、介護施設での看護師が重宝されることになるでしょう。勤務体系も無理の無いところが多いので、病院勤務での経験を十分に積んだあと、転職を考えるのであれば視野に入れても良い職場なのではないでしょうか。

Theme by RoseCityGardens.com