看護師不足が社会問題に

社会問題にもなっている看護師不足ですが、社会的地位や、社会貢献度の高い人気のある職業が、なぜこれほどまで不足しているのでしょうか?そもそも、この看護師不足は、ここ最近の話ではなく、ずいぶん前から取り上げられてきました。慢性的な部分もあったのでしょうが、最近ではますます看護師不足が懸念され社会問題にまでなってしまいました。看護師が不足しても、病人が減ることはありません。看護師が不足しているせいで、病院側は病床を減らさざるを得なくなり、入院患者の受け入れができなかったり、必要な処置を受けることが出来ず、病状を悪化させてしまったり、かなり厳しい状況に置かれているようです。また人間は高齢になるにつれ、体力や免疫力が落ち、いろいろな病気や障害が出てきます。高齢者社会である日本は、介護や看護を要する人の数が増え続ける一方で、看護師がまかなえていない深刻な状態に陥っています。これから先、医療技術が進歩し、よりよい医療を提供できるような環境になったとしても、看護師がいなければ、元も子もありません。看護師ばかりでなく、医師の不足も深刻化されていますから、技術だけが独り歩きして、使い手の育成などが疎かになっています。人間が生きていく上で、医療は欠かせないものです。それに準ずる医師や看護師、介護師も必要不可欠です。そういった、医療従事者の置かれている環境を考慮し少しでも看護師不足の改善を図らなければなりません。
その為にも今の現状を知ってください。チェック→【現場検証Eyes】←

Theme by RoseCityGardens.com